おすすめレシピ

赤飯

赤飯

ほんのり赤色に染まったご飯はもちもち、小豆もふっくらきれいに仕上がる、お手軽赤飯の作り方をご紹介。

材料【4人分】
小豆〈ささげ可〉 60g
ごま塩〈市販品〉 小さじ1
A
もち米 2合(310g)
1合(150g)

  • カロリー463kcal/全量
  • 塩分0.5g/全量
  • 調理時間70分

作り方

  1. Aは合わせて洗い、ざるにあげて30分ほど置いておく。

  2. 小豆を洗い、分量外の5〜6倍の水(約350ml)を加えて沸騰させ、1度水を捨てる。
    1度捨てることで渋切りになり、雑味のない味に仕上がる
    再び同量の水を加えて煮、沸騰したら弱火にして20分茹でる。
    小豆が踊らない程度の弱火で煮るのがコツ。
    火が強いと、シワができたり腹が割れたりする

  3. 茹で上がったら、豆と茹で汁に分けて、茹で汁を冷ます。
    指でつぶせる程度まで茹でる。
    炊飯器で再度炊くので、少し硬めが良い

  4. 炊飯器に(1)を入れて、小豆の2回目の茹で汁と分量外の水を、炊飯の3合の目盛りまで注いで軽く混ぜ、小豆をのせて炊く。
    茹で汁と一緒に炊くことでお米にきれいに色が付く

  5. 炊き上がったらふんわりと混ぜて器に盛り、ごま塩をふる。

素材のポイント!!
◆小豆
古くから赤い色は邪気を払う力があるとされ、人々は赤米を神様へお供えしたりお祝いに食べたりしていました。赤米よりも白米が多く作られるようになると、白米を小豆か、ささげと一緒に炊いて色付けするようになりました。小豆よりもささげの方が煮た時の腹割れが少ないです。