おすすめレシピ

さんまの蒲焼き

さんまの蒲焼き

ふっくら焼けたさんまに、甘辛いたれがしっかり絡んでご飯がすすむ、さんまの蒲焼きの作り方をご紹介。

材料【4人分】
さんま (中)4尾
大根(千切り) 100g
貝割れ大根(根元を落として横2等分) 1/2パック
青じそ 8枚
小麦粉 適量
サラダ油 大さじ1と1/2
粉ざんしょう 適宜
A
しょうゆ、酒 各大さじ2
みりん 大さじ3
砂糖 大さじ1
おろししょうが 小さじ1

  • カロリー373kcal/1人分
  • 塩分1.6g/1人分
  • 調理時間30分

作り方

  1. さんまは頭、背びれを落とし、内臓を出して洗い、開いて3枚におろす(3枚おろしは店頭でも承ります)。
    3枚おろしとは上身、下身、中骨に分けること

  2. 身についている腹骨を除いて、半身をそれぞれ2~3等分し、水気をふき取って小麦粉をはたく。
    水気をふき取ることで、生臭さも除くことができる
    小麦粉をはたくことで、たれが絡みやすくなる

  3. フライパンに油を熱し、さんまの皮を下にして中火で焼き、
    盛り付けたとき、表になる方を先にこんがり焼くと、きれいに仕上がる
    焼き色がついたら裏返して焼き、 余分な脂をふき取る。
    身が崩れやすいので、裏返すのは1回だけにする
    余分な脂をふき取ると、たれが絡みやすくなる

  4. 合わせたAを回し入れて中火でさんまに絡め、 煮立ったら火を止める。
    調味料を絡めると、とろみとツヤが出る
    煮詰めると辛くなるので、さっと絡める程度に

  5. 器に青じそ、大根、貝割れを広げ、さんまの皮を上にして盛り、 たれをかけて好みで粉ざんしょうをふる。

素材のポイント!!
◆さんま
さんまの旬は9月~10月。目が澄んでいて皮や銀色の腹の部分に光沢があるもの、身に張りがあるものが新鮮です。傷みやすいので買った日に使い切るか、下処理をして冷凍保存を。